【Ner'zhul/Alliance】     クラス:宇宙zb刑事DK


by akion_2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Shade of Aran さん

そういえば、レイドで Shade of Aran という敵を倒したーとギルドチャットが流れてきた。

おおー と思ったものの そのすごさがまったく分からなかった。
負けつづけて何ヶ月の敵についに勝てたらしい。


その時は、そのすごさが、分からなかった。



宇宙刑事のHPにリンクさせていただいているSuiさんのページで

そのアランさんの説明が詳しく書いてありました。

それを読んでみてわかったことがあります。






SUGEEEwww


こんなんどうやって倒したの?wwww
[PR]
by akion_2006 | 2007-04-30 20:19 | Worod of Warcraft

大活躍

今回は大活躍した宇宙刑事アキバンの物語

それはある日のことだった。

アキバンはWOWにPOPした。 もちろん目的はLV70インスタンスのどっかにいきたいためだ。 

アキバンがアウトランドのインスタンス以外のどこかにいる時は、

120%の確立で暇しているときである。 

インスタンスいくのにちょっとしょぼくてもいいからタンクほしいなー

って時は無言でインバイトしてくれれば130%の確立で超行きます

超。


もしアゼロスにいる場合は、誰かのヘルプしている可能性がありますが、

アウトランドいる時はどうか寂しがり屋の宇宙刑事をさそってあげるとたいそう喜びます。
アウトランドいる時は
暇してる確率120%



そんなある日。  そんなある日。


いつもどおりやることもなくXYZ依頼か、インスタンスいくチャンスがないか様子をうかがいつつ

ぼ~としていると、なんと!!

なんと!!

レイドのお誘いがきたではありませんか。  宇宙刑事にレイドのお誘いが。

一人枠が空いたので参加してみることにした宇宙刑事。



しかし、いくら宇宙刑事といえども、やはり経験が大事である。

どれだけ慣れているか、、、  その点刑事は経験地ゼロ。

アドオンのCtraidとか活用の仕方がよくわからにー、、、

レイド級の敵の能力や性質がわからない。



とりあえずKarazhanに到着し、役割をラス坊主に聞いてみた。

刑事「なぐってればいいのかな?」

坊主「なぐってればOK」





よし。どうやら わりと気楽にいけるコースだ。 まずは参加して雰囲気に慣れるのも大事。



するとどこからともなく、役割説明。

「じゃあ 刑事OT で」









mjd!!!???





坊主「いきなり大役きたーー」


(やばい、、、、敵に対する知識が何もないし Wipeの引き金になるんでは!?)



いろいろ説明もあり、どうやらアッキーは「X」 マークの敵をキャッチしてタンクすれば

いいらしい。


敵がPULLされてきたのでさっそくキャッチ。 ひたすらRageある限りタンキングした。


が、、、以外に敵の数が多かったのか、、、アッキーが無駄なAEとか喰らったか、

わからないけど、あっさりしぼんぬ。




だが、気をとりなおして再開。  わりと何度か刑事死亡しつつもレイドは進行されていった。






順調に進んでいく。やはりマークがついてたりすると分かりやすくていいね。

しかし それは突然おこった。


ギルドとしても始めてのところを進行していたため、敵の配置がわかっていないところで、

突然の敵2匹のINC。



やばい!!!


突然なのでマークもついておらず、2匹のうちどっちをとっていいかわからない!!







どうする?  どうする俺??


(迷ってる暇はない。MTがターゲットしていないほうを取る必要があることだけはいうまでもない)


2匹の敵をすばやくターゲットまわしてみた。 どちらもMTを殴っている。

早く一匹引き取らなければ!!!


とりあえず突然の強襲でレイジがない。 まずはレイジなしで使えるタウントだ。


タウントでこっちむかせて自分を殴らせてレイジをためてそのままガッツリキャッチ。
これしかない。



アキバン「オラオラ!こっちむけ ごるぁ!(タウント)」


敵「・・・・・・・」



あれ???  こっちむかない、、、、 ん??


仕方ない殴りつつ、ブラッドレイジでレイジを少しだけゲット。

サンダーアーマーをいれてこっちを向かせようと試みるが2発いれても向いてくれなかった。

しかしここで タレント振りしてあるタウントが復帰!!



よっしゃ

アキバン「オラオラ!こっちむけ ごるぁ!ごるぁ(タウント)」

敵「・・・・・・・」



え?? もしかして取ろうとしてる敵がちがうのな??
迷う宇宙刑事。



もう片方の敵をみると結構HPへってる。間違いない合ってるはずだ。
と、そこでマークがついた。よしXをキャッチだ!
ここでやっと気づく。タウントした時良く見ると Imm が表示されている。(気づくの遅っ)

しかし、タウントが効かない→殴られない→レイジがたまらない→Threat稼げないの

不のスパイラル + ややあせっ   あせってない! 

ヒーローがあせるわけがない。



あせってない。


なんだっけ、、、なんの話だっけ、、、 あ  そうそう  不のスパイラル。


で、しっかり跳ねてしまい、そのあと追いかけてなんとかキャッチ。

まったくなさけない・・・




そのまま、ボスである王子がいる場所に到着した。詳しく説明を受けた。

ざっとMemoぽく 特徴を書いておこう・・・・

①KnockBackがすごい。 
②Shadowなんちゃらって AEが3Kダメージくらいくらう。これにKBがついてる??
③戦闘中次から次へとInfernalというオブジェクトが落ちてきて、そいつが30ヤード
AEを連続で打ち続ける。 このオブジェクトから逃げつつ闘う。
時間とともに数が増えていき、追い詰められる仕様。
④名前わすれたが、こちら全員のHPを何秒間か 1 にするDebuffを使ってくる。
これくらってもHealはしない。Debufきえるの待ち。 1なので、AEきたら終わる。
これくらった時は 敵からはなれていないとだめそう。
⑤敵は3段階フェーズがあり、ちょと特徴がかわるらしい。
2段階目は非常に攻撃力があるとかないとか、3段階目は1分くらいで殺しきる必要があるとかないとか、、 まだ良く分かってない。 とりあえずDPSがNEED。





この敵と戦ってわかったこと。MeleeクラスのDPSクラス、、、、つまりRog、、、、
冬の時代の意味がよくわかった、、、、カワイソス


宇宙刑事も対してDPSないし役にたててなかった。
3回闘った結果・・・

1回目  AE+KB で吹っ飛んだ先が Infernalの横。HP3Kくらいになったとこで
Infernalから離れようとするが、30ヤードはなれるまでにInfernalのAEをバシバシあびてアボン。

2回目  HP1のDebiffをもらったとこに、ShadowAEを浴びてアボン。

3回目  2回目と同じ。






よし!役になってない!バーン。




そして4回目も挑戦しようということになったが、3回目で逃げたのが原因なのか、

そのボスに攻撃ができない状態になってしまった。逆にこちらも攻撃されない状態。



こ、、、、これが意味するものは、、、、、






宇宙刑事の努力が今まさに実った。


そう















つまりこれは、、、、、、


アレである。  いつものアレ。






そう アギちゃんの言うと通りです、、、、、、、
分かり合えた!

















いや、、、、分かり合うつもりできたんじゃないお・・・・・・・・
[PR]
by akion_2006 | 2007-04-30 19:41 | Worod of Warcraft

所詮はザコのあつまりよ

今回は宇宙刑事も含め、すべての人が大スキで
名前がかっこよくて仕方がないインスタンス、そう・・・
ゼットエフに再びいくことにした。

ゼットエフ。  カッコイイ。 ヒーローがいくにふさわしい

ヨユティメイソンのヘルプのため、
いざ宇宙戦艦からさっそくタナリスへ光臨することにした。
a0074147_3262694.jpg




よし。メイソン! ZF いくぜ!!
こちらLv47のメイジと 宇宙刑事Lv70 の二人。

でもゼットエフ程度ならなんとかなるだろう。
ただ、ちょっとピラミッドの上の大量の敵の掃除はつらそうだぜ・・・


アッキーは思った。
(ここは協力して二人でなぎ倒すしかないな!!)

a0074147_3264159.jpg











、、、、、。








数が多い、、、ここはメイソンのPBAEを連打などして
いっきに一掃だな!

  

ヨユティメインン PBAEだ!!!! 今だ!
 



いけい!  そこだ!






・・・





メイソン?


















どこだ   メイソン今どこだ??

a0074147_3411368.jpg






しかし、以外にもあっさりと終えることができ、最後に白いヒドラも倒して
無事すべてのクエストを消化できた。


アッキーはそのヒドラを倒した場所から出口にいけることをなんとなく
記憶していた。

ただ、それはなんとなくであった。


アッキーが前にでてマウントで敵を全部ひきつけておけば、きっと
ヨユティ・メイソンには敵がいかないだろうと思った。

ガンガンと自分にAggroさせてった。

しかし、なんということでしょう。


見事にヨユッティに跳ねてしまい瞬殺されてしまった。

こうなったら仕方ない。あとは自分が脱出するだけである。



あの角を曲がれば出口だ。

アッキーはあの角を曲がった。

するとどうでしょうか。これは世の中の7不思議の一つに入る。

さっき通った場所ではありませんか。

後ろをみると恐ろしい数の敵が追いかけてきていました。
アッキーはその敵の集団をヒラリとマウントで交わし、少し戻った。


やっとわかった。あの角を右にまがれば出口ということがわかった。

アッキーはあの角を右に曲がった。

するとどうでしょうか。見たこともない場所にでました。
新たな敵もINCしました。



アッキーはその敵の集団をヒラリと交わすつもりでジャンプしつつ
Dazedゲッツ。


まあ、このゼットエフの最後のボスを倒した宇宙刑事です。
かなりの数の敵ですがさくっと以下↓のように処理しておきました。
a0074147_32766.jpg

a0074147_3271982.jpg

a0074147_3273444.jpg

[PR]
by akion_2006 | 2007-04-29 03:27 | Worod of Warcraft

どうやらMらしい

WOWでタンクをやっていると非常に楽しい

WOWのWARのTankingは非常に忙しく、EQ1など目じゃない・・

EQ2も目じゃない・・・

それなんてアクションゲーム?みたいな・・・

最大の欠点は長いインスタンスを終えるとドッと疲れる点だ・・・


しかし それを補ってあまりある面白さがある

今回はその面白さを分かってもらおうと思う。

アッキーは5ボタン光学(ヒーロー)マウスを使っている。


そしてその内、ホイールのUP、Down、Middle の3つ

横にあるボタン二つをフルにスキル発動に使用しています。

さらに上記のボタンをSHIFT押しながら押した場合も

すべて登録してあり、合計10個のスキルが瞬時に発動できるようにしてあります。




移動がFPS形式のため、移動しながらスキルを使用する場合

キーボードなんて押してられないというわけなんです。タンクは移動することが多い。
(左手で移動してるのに左手でスキルボタンまで押せない、、移動に集中できない)



この5ボタンマウス+シフトも使用した10スキル登録オススメです。 PVPでもオススメです。
(シフトではなくCrrl+ホイールのUP,Middle、Downでスタンス変更)





どっちかというと、ここまでやらないといけない状態に追い込まれたんですが・・・・・





上記割当を行うことで、Fearとか特別な条件でもなければだいぶタンクが楽になりました。

■■アッキーのタンキング■■
Mob5匹キター・・・・   トラップかかったー 羊キター
フリーMOB残り3匹!!



さあどうする俺?

よく使うパターン
1.デモシャウトで3匹をゲットしつつ、少し下がったとこでサンダークラップ。
2.サンダークラップを連打しつつ、メインの敵にThreat集中。
3.メインが安定してきたころにサンダークラップだけでは跳ねる危険があるので
  残りの2匹に対しても、リベンジ、サンダーアーマー、シールドスラムなど高Threatスキル
  ばら撒く。(CCとの距離をみつつサンダークラップ連打も止めない)

■利点
うまくいけばキレイに取れる。
レイジのたまり方次第では4匹までガッツリゲッツできる。ただし死ぬ。

■欠点
敵の攻撃が強くヒールThreatがデモシャウトのThraetを上回るとサンダークラップ打てる
位置までいくまえに跳ねる。
また、サンダー後のRage不足でメインMOBが跳ねることも。
結果、Mobがはねる→跳ねた敵を取りに行く。→メインの敵まで跳ねる。
    スパイラル・・・


でも、殺す敵、Sheepする敵、トラップする敵がマークで決まっていれば、結構楽。
変なAddとかしない限りなんとでもなる。





問題は、野良など、意思疎通がしづらい環境で、リーダーが特にMOBにマークを
つけてくれない状況だ・・・



これきつい・・・


最低でも、自分が何匹まで抑えればいいかハッキリさせてほしいかな。



でもね、、、それもこれもひっくるめて非常に忙しく、スキルの発動に0.1秒の隙間もないWARというクラスが大好きだ!

でも一番の至福の時は、CCクラスが一人もいなかったりするときに、4匹全部キャッチする時です。4匹に殴られてる時が最高に気持ちいいんです。
CCが一人もいないとき宇宙刑事はとても張り切ります!そして死にます。




あ!でもやっぱMobに対する知識不足が一番の敵!



そして一つ思いつきました。初めての敵で、その敵に口がある場合!!
これはグループメンバーと反対方向に口を向かせてタンクです!
(大抵口からなんか吐きますw)





それと、どうやらMらしい。
[PR]
by akion_2006 | 2007-04-27 21:25 | Worod of Warcraft

ちょっと前の話。

アキバ・リョウは相棒であるラス坊主とともに、BGの平和を守りにいった。
この二人が組めば、例えマキムラがさらわれても余裕で救出可能。
だた、宿命のライバルでもあるので、いつかDuelで決着をつける時がくるだろう。

今回のボディーガード依頼は通称ABと言われるBG。

正式名称はAなんたらBなんたら・・・・・・と書いたとこで思い出した。

たぶん アラチバシンだ。  そうそう だからAB そうだな。たぶん。




そして二人で突入すると、相手の拠点を奪ったり、奪われたり激しい戦いとなった。

ラス坊主からのヒールをうけつつ以外にも打たれづよいスペースハンター。
結構敵にはりついてころせたりして1回目は負けはしたものの、非常に楽しい内容であった。
BGか!  ちょっと通ってみちゃおっかな~





話は変わるが、この前服でも買いにいこうと、颯爽と地元のお店にいった。
が、、、、お気に入りのお店がなんと閉店セールを行っていた、、、


なんてこった。。。  俺のお気に入りの店が、、、、、


やはり田舎なんてこんなもんだ、、、それもこれも地元にできたプレミアムアウトレットが
原因に違いない。かわいそうに、、、

でもなんか80%OFFとか、すごいことになっていたので、お得だった。
よさげな服をいくつか格安で購入した。

選ぶ基準はいろいろあるが、、、とりあえずここは STA重視  春にむけて
よさげなものをチョイスした。

布装備なので、あまりACは上がらない感じだった。大丈夫刑事にはコンバットスーツがある。


回避が高そうな装備も購入。

やっぱ装備って重要だよね。

装備がよければBGもきっと勝てるに違いない。


そんなことを思いながらも 2回目のBGに突入した。

開始と同時に目の前に無数のHorde。  瞬殺される刑事。
開始1分で敗北終了乙。



な、、、、なんだったんだ 今のは、、、、、


ラス坊主「ヒドスギル・・・w」

アキバ「・・・・。」



何かの間違いだ。気をとりなおして再度二人でABにエントリーをした。

ラス坊主は開始されるまでクエストを行いにいっていたのだが、、、。

、、あっつーまにAB開始された。




さっそく二人ともABに突撃した。
開始と同時に目の前に無数のHorde。  瞬殺される刑事。
開始1分で敗北終了乙。









         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|         
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|      
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ      
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ     
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ 
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::... 
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
 『俺たちはABに突撃した。が気づいたらCityにいた。』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
装備がいいとか悪いとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
[PR]
by akion_2006 | 2007-04-24 18:19 | Worod of Warcraft

各々が目指すゴール

そういえばフットサルに参加しているアッキ・バウアー連邦捜査官なのだが、

得点を決めることがなかなか出来ない。

なぜなんだろうか、、、、

それにはわけがあった。

そう、、、、、、、、ゴールが小さすぎるのだ。

なんて小ささだ、、あまりに小さすぎる・・・・・・・・・・・・アレでは枠にボールが入らない。

フットサル用のゴールといえども、サッカーのゴールくらいあったほうが良いと思うのだ。

あれくらい大きければ枠に入る気がする。




え?  別にフットサル用のゴール小さくない??? はぁ?


確かにわからないでもない。


アッキークラスの圧倒的フットサル能力を持っている天才ならまだしも、

そこらの一般の凡人クラスではあのくらいのゴールの大きさがちょうどいいかもしれない。


だが、アッキーにとっては小さすぎる。 
アッキーの向かっている遥か高みにあるゴールは
こんなちっぽけなものじゃない。 アッキーの目指すゴールはこんな小さな枠に収まるようなものではない。


こんな小さなゴールが、自分の目指す本当のゴールならば、そんなものいらいない。


もっと夢は大きく、目指すゴールは大きいんだ。


おれのシュートがこんなちっぽけなゴールに収まりきってたまるものか。













あ  あとキーパーいらない。
キーパー死ねばいい
[PR]
by akion_2006 | 2007-04-23 17:18 | たわごと

ついにきた。

ついにその時がきた。

どうでしょうか この時をどれだけ待ちわびたことか。

ただ、これもまた世の中の7不思議の一つである。


その時がくることを待ちわび、早く来てくれと願い焦がれていたとしても

なぜか?



なぜか、その時がきた瞬間に感動を覚えるものの、手にはいってしまうと
さびしい気持ちになることがある。 

わかっているんだ。


人はもうその繰り返しをしてきて、身にしみて分かっている。
来るべきその時がくるのが待ちどうしくてたまらないが、

本当に楽しい時は、その時がくるまでの時間。  そのわくわくしている時間なのだ。


宇宙刑事CTU LA支部所属 アッキ・バウアー連邦捜査官はついに

レベルが70になった。




うれしい。





これでGankしほうだ 、、襲われにくくなったのではなかろうか。



さて、70になると 敵を倒しても 経験値 がはいらない。

さみしい、、、、 これは馴れるには時間がかかりそうだ。 
EQみたいなAA実装してくれないかな・・・・


まあ、クエストの報酬金額は倍だし、Repを上げたいとこもあるしまあ 我慢の子だ!




あ そうそう  アッキーは Honor Hold の Rep を最大まで上げたくて仕方がない。


仕方がない。




でも、HHのクエストはもう一個もない。聞くところによると、Lv70インスタンスである

SHというダンジョンに通えば、Repは最大まであげることが可能らしい。



誰か、、、お願いします。  暇があったら宇宙刑事をSHに連れてってください。

SHにいけるなら死んでもいいです!




あーー あと Karazhan?のクエスト進めてます。ソロパート終わりました。

プリーズ ヘルプミー!!




と、ここで話は変わりますが、アッキーはフライングマウントを即効買った。

ありえないスピードで圧倒的購入ボタン押下s速度能力を用いて買った。

刑事は、常に上を目指している。

立ち止まっている暇はないのだ。



まずは刑事がどこまで上に上がっていけるのか、どれほどの器なのか測る必要があった。


a0074147_1616742.jpg


a0074147_16163984.jpg
a0074147_16171777.jpg
a0074147_16173018.jpg
a0074147_1617591.jpg
a0074147_16181431.jpg
a0074147_16183012.jpg

a0074147_16265791.jpg

a0074147_16193070.jpg
a0074147_16194645.jpg



浅かった・・・・


くそう、、、、Hordeめ・・・・

Hordeめ許さん!
[PR]
by akion_2006 | 2007-04-20 14:09 | Worod of Warcraft
世の中には不思議な出来事がたくさんある。

アッキーは不思議なことがおきると、とりあえず世の中の
7不思議の一つに設定しておく。

また世の中はなぜかうまくできている。


たとえばおいしいものばかり食べていては太る

たとえば嫌いな食べ物に限って栄養満点健康食品だったりする。

だから人はあまり好きでない食べ物でも食べるのだ。

また、急いでいる時ほどハプニングが起き易い・・・・







ある日のことだった。アッキーは名古屋で人と待ち合わせをしていた。

が、恐ろしいことに前日のWOWのやりすぎが原因で、やや寝坊気味。

間に合わない系の空気が漂っていた。



だが宇宙刑事が時間に遅れるわけにはいかない




電車でいくため、車を駅にとめ、改札へ走った

改札で切符を買う必要がある。

値段を確認すると740円だった。


■切符に必要な金額 740円


財布を取り出すと、千円札をさがした。 しかし見当たらなかった。

今にも電車が来そうだ。ちんたらやっている暇はあまりない。

そこでアッキーは急いでいるので、ユキチを一枚とりだした。

単位にして1ユキチ



1ユキチがあれば、不足することはない。絶対切符が買えるのだ


しかし、切符の値段は 740円 である。

ここは、小銭で40円だけだそうと考えた。

アッキ・バウアーは小銭を確認し 40円を投入した。

これで金額は1万40円である。




しかしここで刑事は衝撃に事実に気づく

そう、、




重いんだ。




重い。   どう考えても重い。





財布が。

よく目を凝らして見ると、100円が7枚以上あるではないか!!

つまりだ、小銭だけで740円はらえば、財布が軽くなり、

その結果、自身の全体重量が軽くなるわけで、

つまり移動速度がUPし、しかも回避率などのパラメータもあがる

一石二鳥なのだ!!




アキバ・リョウはすばやく100円7枚を投入した



これで合計投入金額は1万740円だ。


欲しい切符の値段は 740円。



完璧だ。


そこで電車がちょうどきた。


さすがに間に合うことはわかっているので余裕を持ちつつ

740円の切符購入ボタンを押下した


押下した。









































ピーピー

投入金額をご確認ください。



・・・・・・・・

ジャラジュラジャラジャラ・・・・・・・・・ピッ・・・・・・

ピーピー  ピーピー  











おい!ちょwwwwww やばいって!!!!

えええええええwwww

なんでやねん!



もう電車が来ている。  考えている暇はない。

一万円をすばやく投入し、740円切符を購入した。


おつりが260円と9千円でてきた。
財布にさっきの740円とその260円と9千円をしまうと

颯爽と、まったく動じることなく、焦って電車に乗り込んだ・・・・・





とりあえず、その時言えることが一つだけあった・・・・






















財布が重い。















確かに今思うとこれは世の中の7不思議の一つではない。

実際 今回無事買えていた場合、おつりは1万円がでてくるはずだった。

しかし、そんなシチュエーション普通はないのだ。
おつり1万円って、、、、








この改札機には、そんなパターンは考慮されていなかった。
仕様といわれればそれまでた。







あ、、、ここまで書いていてうまくまとまらない・・・・・
毎度のことだ。これは7不思議の一つ。

なぜまとまらないんだ、、、、、適当に書きなぐってるからな可能性は高い。





とりあえずナニが言いたかったかというと、焦っているときほど

ハプニングが起き易い。





うん 世の中うまくできている。


そんな話。
[PR]
by akion_2006 | 2007-04-17 19:09 | Worod of Warcraft

スペースハンター

実は宇宙刑事は裏の世界のTOPであるスペースハンターでもあるわけだ。


自己満足できる俺ツエーができる依頼ならばなんでもこなす。


あーこのクエストグループクエストだ、、、ソロできないやあ

でもやらないとクエストたまってくし、どうしよう。






そんな時は、スペースハンター:アキバ・リョウ(誰よw)にTELLをすればよい。

/Tell スペースハンター 「  XYZ  」




たったのこれだけである。
アッキーがその後内容をお聞きし、俺ツエーできる内容であるならば依頼を受けよう。
ただ、アッキー帝国のRepがHonored必要なことは言うまでもない。




そんな中、ある日 XYZ の依頼がきた。
依頼主はラスタ・マイヤーズだった。
今までありえなくらいのヘルプをしてもらっているので当然Repは余裕で満たしているのと、

ヘルファイアのオーバーロードKILLといった、なんとか俺ツエーできそうなクエなので
受けることにした。






そして、いざオーバーロードとの戦いに突入した。
HPがなんかわすれたけど何万もあるエリートMOBだ。



こちらは アキバ・リョウラス坊主の二人。
戦闘が開始されて10秒でわかった。






無理ぽくね?w






こちらは500ダメージくらいをガンガン受けているというのに
あちらは何万もHPあるのに、ラス坊主はヒールしまくらないといけない状態で
アキバ・リョウは対してDPSがない。


リキャスト可能になるたびにモータルストライクを連打。

使いきれないRageをすべてヒロイックストライクとスラムに回す。


アッキーは、このまま普通にやっていては無理と判断し30分間隔のスキルを使った。

正面から敵に攻撃されたらすべて反撃するというものである。10秒間。





だいぶこれでHPを削ったが、まだ1万くらいHPある。
こちらはラスタ坊主のマナが半分以下だ。いろんなアイテムをつかってくれているのか
マナが回復したりしている。

アッキーもヒーリングポーションをガブのみしつつ、1Kダメージくらいのバリアを使ったりした。
最後はラストスタンドまでつかってなんとか超ギリギリ倒すことができた。



超ギリギリ。



俺ツエーできなかった。  俺ヨエーできた。バンザイ。








俺ヨエー・・・・






合言葉は
「XYZ」

[PR]
by akion_2006 | 2007-04-13 13:00 | Worod of Warcraft

今日のわかりあい

クエストボスをいっしょに攻撃してたおしてあげたらちゃんと
次のPOPまで待ってくれて、いっしょにボスと
戦ってくれた
やさしいお牛さん。 

a0074147_04210100.jpg







また、、、








今日もわかりあえた。

[PR]
by akion_2006 | 2007-04-12 00:44 | Worod of Warcraft