【Ner'zhul/Alliance】     クラス:宇宙zb刑事DK


by akion_2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Worod of Warcraft( 130 )

最近気になるマーク

a0074147_16514213.jpg



・・・続きをもっと読む。
[PR]
by akion_2006 | 2007-06-15 16:52 | Worod of Warcraft

戦いに終止符を

アキロ・レイ大尉は、いつものようにPOPした。

そして、適当にファームをしている時にTellがきた。


維新の嵐(FC)「アッキー TS2は? 今いいアドオンの話してたよ」

(なんだと!? いい アドオンだと、、、)

早速TS2に接続。 なにやら今後の25Manレイドの重要な話をしていたようだ。

話に水をさしてはいけないので、こっそり接続して、そのまま話を聞いていた。



しばらくして話も一段落して、いいアドオンの話になった。

どうやら、そのアドオンをいれると、  CommandingShout のかけ忘れ防止になるというのだ。
しかし、実はアキロは既に同日まさに最強のアドオンをいれていることを明かした。






アキロは、一生懸命アドオンを検索し、ついに発見した最強のアドオンを導入していた。


SCT Battle Shout
http://wow-en.curse-gaming.com/downloads/addons/unitframe/sct-battle-shout/
Battle/Commanding Shoutが消えるとsctに表示 しかも音がなる。


Shoutcaller
http://wow-en.curse-gaming.com/downloads/addons/buffs/shoutcaller/
RageがあるのにBattle/Commanding Shoutがかかってないと教えてくれる





ふっふっふ、、、、 
音がWavファイルだったので、フリーの音声ファイルを検索した結果良いものをゲット。

なんと、今にもシャウトがきれそうになると、「ごるぁああああああああああ」 と怒られる。


す、、、、すばらしい。


そして、さらに  効果音で  ドラクエのレベルアップ音で知らせてくれるのだ。」
かけなおしが成功すると、ドラクエの戦闘終了時の効果音がなるので、かけなおした感がある!



さらには、Rageがあるにも関わらず、バトルもコマンディングもどちらも入ってない場合は、画面中央にお叱りメッセージがでるのだ!!

ついに、、、ラス・タズナブルのファンネルを封じる策を手に入れたというわけだ。



アキロ「ラス! こうAddonを入れられたら、グループ内はもちろんグループ外からの遠隔攻撃は無理だな!」


ラス「ちぃぃ」



とまあ、こんなわけだ。





話はかわるが、もうひとつの戦いにも一つの終止符がうたれた。

エンジニアリングのスキル上げ。    


である。




一匹狼の宇宙海賊 アブラはついに、スキルを 370にまで上げることに成功した。

366からのについては、一個つくるのに45Gほどかかるアイテムを5つ作成した。1つはスキルが上がらなかったから5個となった。



そして迎えた370.  上記の45Gのアイテムがスキルレベルが緑となり、スキルあげに使うにはイマイチとなった。


次に安くて、スキル上げとして良い(黄色以上のスキルレベル)のレシピは

レンジ武器に +12ダメージの スコープ。   Khorium Scope だった。

一つ作成するのに約140Gが必要となる。  

エンジニアスキルの上げ方がのっている英語のPageを参考にしても、最後の375まではこのレシピが最も良いようだ。
他にもいくつかあるが、一つ作成に300~800Gかかるため、お話にならない。




ここで問題が勃発。  なんとこのレシピはDropのレアレシピだった。
アブラは毎日POPするたびにAHをチェックしているが、やはり人気もあるし、レアだけに売ってない。

こうなったら自分で手に入れるほかない。  調べてみたところ、 Dropするのは NetherStormにいる

SunfuryBowman とかいうMobだった。そしてDrop確立をみると、、、、OMG!!!

I Hate 鰤。     確立0.38%。




ブ○ザード死ねばいい。





しかし、ここで諦めるわけにはいかない。ここまできて引き返すことはできない。

アブラはサイコガンを手に、NetherStormへと旅立った。 そして SunfuryBowManをくる日もくる日も狩りつづけた。

一体どれだけ倒しただろうか、、、   それさえも忘れかけて、もう当初の目的も忘れて黙々と無心でファームしていた。

完全に定型オペレーションとなり、どっちかというと○村ステーション2でのボイスチャットに夢中になっていた時にそれはおこった。



死体を除いたときに、なにやら 青い。


青いアイテムがあるではないか!!  

ついにアブラは  KhoriumScpe のレシピを手に入れた。
その時のボイスチャットの流れはこうだ。



維新の嵐(FC)「うわ やばい また死ぬ。  くそう もう今日何度目だ、、、、」


維新の嵐(FC)「うわー また死んだ」

(ここでレシピゲッツ)

アブラ「やったーーー!!!」







タイミングはバッチリだ。
さて、おそらく、最速。   うん  その時レシピゲットからレシピを覚えるまでの操作のスピード最速。

ありえないスピードでレシピを覚えた。

その後、インスタンスにいったりして、帰ってきたあと、のこりスキル5を上げる作業にとりかかった。

とりあえず 5個つくればスキルが5上がる計算のもとに、素材をそろえていく。

アダマンタイトを300個購入。  わりと 約27GX15=400G前後。

DawnStoneを20個購入。  12GX20= 約240G。

KhoriumOreを30個購入・  約3GX30= 役100G

だいたい 740Gくらいがふっとんだ!!


こっそりためておいた、宝石をうって最近いっきに800Gくらまでいったのだが、即効 残り 50Gほどに、、、、、、

早速、スキル上げのために Khorium Scope の作成を開始、、、、、





悲劇はそこでおこった、、、  個つくった。  上がったスキルは.



4



おいおい…何スキル上げミスってんの?Orz


一個140G以上だぞ ごるぁ。

374/375



残念なことに、あと1上げるのに150Gくらいはかかるわけで、、所持金は50Gなわけで、、、、、



アブラがその目にうっすらと涙をうかべようとしたその時だ!





キュピーーーン!!(ひらめいた!)





アキロの圧倒的運のよさにかける作戦だ。  そう、、、レイドにいくたびに必ず2.3個アイテムゲットするアキロの運に。



それは既に緑いろとなり、何回も何回も作成してやっとスキルがあがるか上がらないかという、スキルレベル緑のレシピ。


そう、、、366>370にまであげるのにつかった、 一個約 45Gほどの素材できるアイテムだ。


アキロの残金は50G。  素材に必要な金額は45G






いける!!







アキロは素材を購入した、 残金3G.




3G。





今は残金については忘れようと思う。


アキロはAnvil(生産用のオブジェクト)のある場所へ走った。

そして即効そのコスト45Gのアイテム作成ボタンを押下。


アキロは祈った。  死ぬほど祈った。  なぜなら、もしスキルが上がらなければ45Gは完全にドブに捨てたのと同意。

失敗するわけにはいかない。 しかしスキルレベルは緑。 5,6回作成して1あがるかどうかの状態だ。

そのアイテム作成には25秒ほどかかる。 その間祈りつづけた。

アイテムが完成する直前、、、こわくて画面がみれなかった。


そっと、、、、


そっと目をあけると、、、










スキルアップ375の青い文字ガガガガガガガガガガガガガガガガガ。

ヤッター!







アブラはいそいで、375レシピを覚えに走った。バンクからレイドでゲットした レンジ武器のCrit28 Scopeを覚えた。
目的のタンクむけのガンのレシピも覚えた!




さて!  あとは作るだけ!!!












作るだけ!!!









えーーと 必要な素材は、、、と。





うん  だいたい1000Gくらい。












残金3G











Murick










NetherStormへ旅立………・。
[PR]
by akion_2006 | 2007-06-14 17:42 | Worod of Warcraft

そうそう!刑事は苦労の末ハイパーエンジニアになったのですが、

実のところまだ、上には上があるわけだ。


正直に申し上げますと現在のスキルは、、、、



364/375



まだ、MAXまで11ほど足りない。
刑事はなんとかしてあと11あげたいと思っている。

なぜなら次なる目標がスキル375で現れたからである。
それはコイツだ。


a0074147_20572896.jpg





この性能が魅力的。
まさにタンククラスのためのレンジ武器って感じだ。

スロットまである上に、レンジにしてはステータスがあがりが大きいのだ。




しかし問題はあと11足りないスキルにある、、、、


11くらいさくっとあげちゃえばいいじゃんwwww


と思う人もいるかもしれないが、、

1スキルを上げるのに お金が150ゴールドとかかかるレベルにまでなっている。


1上げるのに150ゴールド??wwww


11上げるのに1650ゴールド。




















ふざけるのもいいかげんにw







ここで、さらにお目当てのレンジ武器を作るのに必要なお金をみてみると

わりと 1000ゴールド。



つまり 1650+1000=2650ゴールド 
必要というわけだ。










Murick








しかし、このレンジ武器がほしい、、、 これが完成した暁には、、


えーと



HPが200くらい上がる!







2650G必要。   所持金600G

あと 2000G







ムリック





こ、、、コツコツ末永くやっていこうと思いう、、、、、、、ってあれ?


AH平均価格が1900Gくらいだ、、、、、
そしてこのアイテムにEngSkillは不要。




か、、、買った方が安い、、、、、、orz
[PR]
by akion_2006 | 2007-06-11 21:06 | Worod of Warcraft

強く生きる。

ヒーローともなると、多くの敵を相手にして苦労が耐えないことは言うまでもない

実は最近その攻撃が日増しに強く、多くなってきており、非常にきびしい戦いを強いられている。
しかし、宇宙刑事たるもの、これくらいでへこたれてはいられない。






え?





どんなふうに攻撃がきびしいだって?  
それはもう語るも涙。


まず、攻撃が厳しくなったことの原因の一つに田村○テーション2が大いに関わることは言うまでもない。
そしていつその攻撃が起きるのか!?  
それは決まって田村○テーション2中もしくはスカイプ中となるわけだ。


いつ田村○テーション2(もしくはスカイプ)中となるのか??
それは決まってギルドでレイドが行われている時となる。
めんどいので田村2にしておこう。  


念のためはじめに言っておこうと思う。 
宇宙刑事はだいたいがスキだ。  大スキだ。


あえて言おう スキであると。





ん?前置きナガイ?  ハッハッハ  だいたいOKだ。


それはある時をもってはじまった……
いや、、、もう覚えていない。 それが何時だったのか。
だけどある時、アッキーはこんな感じで攻撃された。
たぶん始めは普通のInstanceでの出来事だったはずだ。
ちなみのここからの「」はすべてボイスチャットでの会話だ。


ラス・タブナブル「 アッキー ※コマンディングないよ? 」

アキロ・レイ「ん?」


■説明しよう!■
コマンディングとは、WARの持つスキルで正式名称はCmmanding Shout である。
これは、わずか2分しかもたないが、グループメンバーのHPを1080ほど上昇させる効果がある。
そうなんだ。わずか2分しかもたない もたない もたない BUFFである。もたない。
すぐ切れる。あっとゆうま。もたない。





アキロ「あー 切れてたわ」


その時は、何事もなかったかのようにスキルを使用して終わった。


しかし それは悪夢のような攻撃の始りにすぎなかった。




確かに赤い彗星であるラス・タズナブルは相当の攻撃力を有することは否定できない。
なんせ アキロ・レイのライバルだ。


しかしこの時は、まさかここまで恐ろしい連続攻撃(3倍速)、遠隔攻撃を受けるとはにも思っていなかった。


そして、かれこれ2分ほど経過した時だった。


ラス・タブナブル「 アッキー ※コマンディングないよww? 」
アキロ・レイ「ん?」
アキロ・レイ「あー 切れてたわ」  ポチ。

2分後
ラス・タブナブル「 アッキー ※コマンディングどこwwwww? 」
アキロ・レイ「え?」
アキロ・レイ「あー ごめん」  ポチ。

2分後
ラス・タブナブル「 アッキー ※コマンディングは~wwwwwwwww? 」
アキロ・レイ「お?」
アキロ・レイ「あー 切れてるね」  ポチ。






気のせいだろうか、「w」の数がどんどん増えている気がする。
どうでもいいが、まったくもってチェックがきびしい
ちょっととかいうレベルではない。  めちゃくちゃ厳しい。  
ちょっとじゃないんだ。 ちょっとならまだいい。めちゃくちゃなんだ。  もうめちゃくちゃ。  めっちゃくちゃ。

ラス少佐いわく、「ヒーラーやってるとHPみてるから、すぐわかるよwww」  だそうだ。
なんで、、、、、なんで ラスターがヒーラーなんだ、、、なんで、、、いや! ちがう 問題点はどこだ
そうか、、なんでコマンディングがきれてるんだ。  だれだ切らしてるの、、、は、、
ん!!!





問題点を追求するのは大切だとは思うが、なんでもかんでも追求すれば言いというものでもないとも思う。
このへんで問題点の話は中止だ。



アキロはInstaceにラス少佐と一緒にいくと、だいたい2分毎に上記のようにチェック攻撃をされる。


しかしこちらにもプライドというものがある。最強のニュータイプはカッコよくこう答えた。

アキロ・レイ「今はなかった。  けどレイドのような重要な場面では絶対ある!」


決まった。  アキロの反撃が決まった。  
そうなんだ。重要な場面ではちゃんとあることをアピールした。








ラス・タズナブル「なかったよ?Wwwwwwwww」















心なしか「w」の数が半端ではない。 
しかも 「なかったよWwwwwwww」   過去形である。
しかも最初の「W」大文字だ。
確かにそう言われるとナイ状態の時もあったかもしれない。否定できない。


しかしこちらにもプライドというものがある。最強のニュータイプはカッコよくこう答えた。


アキロ・レイ「Karazhanの王子のフェイズ2とか、超重要な時は絶対あるよ」





ラス・タズナブル「なかったよ?WwwwwwwwwwwwwwwWwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwW」







「w」の数半端ない。いや、、、、あったはずだ、、、
アキロ「そんなばかなww」

ラス「うん 途中きれてたwwwwwwwwwwww」

アキロ「……・。」






ここで恐れていたことがおきてしまった。
トゥエンティーフォーシーズン③キャッチフレーズ風に言うとこうだ。










今度のチェックは感染する!








田村2でボイスチャットをしていると、きんたんや、あぎちゃん、イシェル、ラス少佐とよく楽しく話をするのだけど、
なんと、他のメンバーにまでこのチェック病が感染してしまった。


やばい!! どうするアッキ・バウアー!!??   



あ、、そうそう アブニール!




どうするといわれてもまだシーズン③を見終わっていないので解決方法がわからない。

あぎちゃん「あ コマンディングきれてますよーw」






やっぱり最後に「w」がついてる。


イシェル「アッキーw  シャウ、、、、シャウト、、、、」








コンチクショウ。   

なにやらこのチェックが標準化されてしまった。
いわゆる定型オペレーションというやつだろうか。




だが、恐るべきはやはり伝道者、ラス・タズナブル大佐である。

数々のチェックにより最強のニュータイプ アキロ・レイ大尉をここまで追い詰めただけあり
ついに大佐に昇格してしまった。

そして大佐から繰り出される新たな攻撃がハンパネェ。






その日 
ラス大佐はKarazhanレイドにいっていた。 
アキロはレイドはお休みで通常のインスタンスにいっていた。

そう、
二人は同じ場所にはいなかったんだ。

そうなんだ、ラス・タズナブルはアキロのコマンディングの有無を確認できないのだ。
(やった、、、やっとチェック地獄から開放された。)





アキロは安心して、インスタンスを攻略しはじめた。
















ラス・タブナブル「 アッキー コマンディングはww? 」


アキロ・レイ「え…」















(ちょっとまって。なんでわかるの?  あ  いや、、、まあ 確かにないんだけど、、、、、)

アキロ「ん?」

アキロにもプライドがある。
奴には確認できないはずだ。ここはシラをきろう。

アキ島「何をいってるんだ!  現場にいないラス井になにがわかるんだ!!! 事件は現場で起きてるんだ!」









イシェル「あーうん 今切れてたw」


アキロ「ちょwwwwwwwwwwwwwwwww」



ラス大佐「フw」













・・・・。








なにこれ?






なにこの攻撃。

防ぎようがない。  
え?そもそもコマンディングシャウトきらすなって??  ごもっとも!

でも世の中にはできることとできないことがある。 
アキロクラスの圧倒的貧BUFF管理能力
では限界があるのだ。

グループがちがうというのに、コマンディングチェックをしてくるこの攻撃。

これをアッキーは脳内で「ファンネル」と命名。

全方位遠隔攻撃に日々悩まされている。




しかし、アッキーは最近気の毒に思う人ができました。
アッキーなみに攻撃をうけている人がいるんだ。



主な攻撃者は、、、
キン・タズナブル。
そしてかわいそうな攻撃を受けている人が、。。。
ロ・レイである。




この二人の宿命の対決も半端ではない。





アギロ・レイは屈強なヒーラー、プリーストである。
ものすごいヒール能力を持っているのだが、田村2をするようになって、わかってしまったことがあった。

かなりの確立で、MOBに 「※シャドウワード・ペイン」が入っているのである。

■説明しよう!■
インスタントで打てる、DOT(ダメージオブタイム)だ。 約600マナらしい。
本人談「インスタントなんですぐ打てるんですよ~」






通常の戦いであれば問題ないのだが、キン・タズナブル少佐の証言によると、きびしい戦闘でマナがきつい~!!てな時もペインがはいってるそうだ。
すると彼の攻撃がはじまる。 ラス・タズナブルにひけをとらない。

キン・タズナブル「あ~ ペインはいってるーwwww 」

アキロ「mjdwwww」

ラス・タズナブル「ペインきたw」



キン・タズナブル「 あー またペインはいってるぅwwwwwwwww 」

アギロ・レイ「マナきつい(ペインで)」

キン・タズナブル「 それペインうってるからやって~wwwwwwwww 」







・・・・








アギちゃんもお気の毒に。。。。   
お互い頑張って生きていこう。
















最近ですが、アキロ・レイも成長し、いろいろな方法を思いついた。
なんの方法か??   





ごまかす方法に決まってる。
■対処方①■
ラス大佐「アッキー。  コマンディングwwwwwww」

アキロ・レイ「  ん?  何?? 」  (まずはよく聞こえなかったフリだ。 ここですかさず コマンディング!!

アキロ・レイ「なんのこと? ああ コマンディング?  はいってるよ。」

■対処方②■※欠点有り
ラス大佐「アッキー。  コマンディングwwwwwww」

アキロ・レイ「 ごめん   距離はなれててはいらなかったね。近くでかけなおすね。」 ここですかさず コマンディング!!

ラス「距離って、、、アッキーにはいってない時点でおかしいしw」



まあ!
だいたい①で対処。
②の方法については、欠点を補う方法を最近思いついた。 
すかさすそこでバトルシャウトをいれるのだ。(バトルとコマンディングは一人では2個BUFFれない。)
コマンディングに気を取られていたラス大佐は気づかないはずだ。
アキロ「あー 今バトルかわりに入れていた。(バーン)」 










強く生きていこうと思う。







~おまけ~
アギロ「Crit 3Kきた」
みんな「おぉー すげぇ~     ・・?」 (あれ、、、ってヒールCritで3Kってちょっと少なくね?」



「ってペインかよ!ww」





※この物語はノンフィクションであり実材する人物といっさいがっさい関係あります。
[PR]
by akion_2006 | 2007-06-08 18:39 | Worod of Warcraft

出張中の青い巨星

また出張中。

この性能のノートPCではレイドは正直Murick






Murick。






○○○・ラル「デスクトップとは違うのだよ デスクトップとは!!」







もう大体の人なら、、、いや、、そこいらの一般人ではちょっと難しいかもしれない。




なぜなら起動戦士ガソダムを知らないと分からないからだ。 


あー  ○○○の答えね。

ちなみに刑事は○○○系ではないです。
あーそれはどうでもいいとして。





あ、、あとさ!


もうばれてると思うんだけど、刑事は細かいことが嫌いである。
だいたい大好きだ。

EQの頃からだが、Pullは適当がすきだ。3Packきたら  「がんばる」  これがモットー。
なぜなら苦労して勝ったほうがうれしいから!

だが最近気づいた。  
確かに苦労して勝つるのが大好きなので、2Packとか大歓迎なのだが、知らず知らずのうちに特にヒーラーに迷惑をかけていることに気づいた。
そう、、、、やさしいから言わないだけで、○○○・ラルが知らないだけで、マナポットを飲んでいたりするわけなんだ。



SMPは一個5Gとかするわけで!!  
そのあたり、ちょっと注意していこうと思う次第、、、、     
今までゴメンね!!
これからは2Packくらいにしとくね!



あー  Hiroicはしゃれにならないので慎重にイクマシ。
Hiroicの2Packわりと結構な確立でMurick


でも、、最近マイブームがある。それは、、、
ノーマルインスタンスでヒロイック!
ノーマルインスタンスでKarazhan!


え?  言ってる意味がわからない???   自分でも何を言っているのかわからなくなるが、そういうことなんだ。







それはある日のこと、、、

その日、、ノーマルBotanicaにいくことになった。
ちょっと、、、、いや    結構長いインスタンスで有名である。


まあ Repがほしいのでそれはいいとして、、  いざ出陣した。
順調に進んでいくのだが、、、最初のMobとか倒して思った。  Mobが弱ス
わりと張り合いナス…・。



EQ1のころ、ドレッドランドでCampする時、張り合いがないからCamp場所をわざと砂漠の真中にして、AddしまくりながらCampしたほどのMなアッキーにとっては、この張り合いのなさは耐えがたいものがあった。


だいたいこのあたりで、(2Packきてもいいやw)
的な感情をもちはじめ、Pullが適当になりだす・・。おそろしいことこの上ない。
弓を打つとき適当にターゲットして即撃ちモードである。
ま!見事に2Packきた。 



結果的には4Pack的風味で壊滅。  もちろんこの時ボイスチャットをほぼ全員やっていたので、、、
ハラがよじれるくらい笑ったw
あ ちなみに4Packになったのは刑事が原因ではないですよ!!






え? そもそも2Packするな???  ごもっとも!



みんな、、これどこのレイドよwwwwww   ハライテーwww 
何このKarazuhanwwwww   みたいなw    とりあえず爆笑!!!w


全員死んだけど、めちゃくちゃ面白かった。やっぱゲームは楽しんでなんぼやね!





そんな感じでたまに適当に2Packしながら進む。
2Packするとかなり忙しいというか、これがいわゆる ノーマルインスタンスでヒロイック に当てはまる。



アキ○・ラルはだいたいボイチャでこう叫ぶ「 ヒロイックキターwwww 」


あと、この時のメンバーがちょっとどうやら わりとDPSが弱めの構成であった。

それはボタニカの2番目のボスの時に起こった。

時間にして何分だろうか、、、、、、   このボス  まさに無敵。
HPを40%まで削ったあたりだ、、、、  DPSクラスのマナがなくなってきたところで
DPSが大幅ダウン。




(変身ヒールきた   よし 隠れて雑魚掃除!)
そして、、、、なかなか死なない雑魚、、、、


HPをバリバリ回復するボス、、、、、、

20分以上は闘ったんジャマインカ、、、、  HPが増えるターンがあったりする。

あ!ターンっていうのは、脳内なんだけど、ボスが木に変身して回復するまでの1サイクルのことである。

6ターン以上かるく突破。  10ターンとか全然余裕で突破。  6ターン目でEnrageとかあったら終わってた。
すげえ 苦労してなんとかKill。   無限ともいえる時間たたかったんだ。
でも頑張って勝つった。











しかし、、、それは始まりにすぎなかった、、、、。

それは最後のでかい木のボスである。  こやつ、、、、雑魚がわいて残った雑魚の量に応じて回復しやがる。

もちろん2番目のボスで苦労した我等にその雑魚を瞬殺するすべはない。

30分ちかくは闘ったはず。 POTは3回くらい飲んだそうだ。

シャーマンのHiroism? も危うく戦闘中に2回目発動Soonなほど。
ボイチャしながら、、、

A「ちょwwwww さっきのターンよりHP5%ふえたお!?」

F「DPSたりねえwww」

I「また回復してるwwww」


ボスのHP35%~45%を延々と繰り返し20分くらい闘ったころだ、、、

もう雑魚は結局掃除しきれないので全員でボスに集中して無理やりKilled。


長いので、書いてないが3番目のサクリファイスをもってるケンタウにーちゃんも結構苦労(1wipe)した。















その日、初ボタニカらしいチョモちゃんがいたんですが、3時間くらいかかったボタニカにトラウマを持ったに違いない。

他の4人は全員チョモちゃんを気づかった、、、



アッキーはトラウマにならないように思いつく限りの言葉をチョモちゃんにかけた。

○○バ・ラル「このボタニカ なんかの間違いだから。」





(きっと通じたに違いない。  そうだ、、、こんなに苦労したボタニカはじめてだ、、、何かの間違いに違いない・・・・・。)









ただ一つ今確実に言えることがある。




























当分ボタニカはいい。


















そしてもうひとつ分かったことがある。























本人がトラウマ!!!                     ボタニカ死ねばいい。

とりあえず!低DPSグループでボタニカは

アブニーーーール!!
[PR]
by akion_2006 | 2007-06-05 20:00 | Worod of Warcraft
それはある日のことだった。


最大HPも14Kを超え、満足していたときだ。

さらにパワーアップする方法はないものか、、、そんなことを考えていた。

するととあるエンチャントによく使われる一つのアイテムからエンチャントの話があがった。



そこであがったエンチャントが、武器に施す その名も

マングース


マングース、、、、、

聞いたことがあるぞ、、、、確かそうだ、、、あれだ


みんなも知ってる猛毒を持っている○ブラ勝つることができる生命体だ。



確か前にみたことがある。 誰かの剣がビリビリ光っていたから気になってInspectしたことがある。 その名はマングースだった。



そこからTankにいいエンチャントってなんだろうと問いかけてみた所、

マングースはProc発動すると、 AGI+120 で ヘイスト もかかるらしい。

振りが速くなるのはタンクにとって非常に有効である。
ヒロイックストライクと相性がいいのもある。


そしてなによりAGI120だ。  これは回避にして4%ほどの効果がある。
これが発動すればDodgeがかるく20%を超える。30%も夢じゃない。


そしてクリティカル確立も4%あがる。 これも非常に良い。












マングースったるぜ!!


さて、、、マングースるには、どうやらお金が非常にかかる。

EpicアイテムをDEで分解したときにできるアイテムが6個もいる。
それが6個だから、、、、


30G X 6 = 180G

Arcane Dust が40個、、、、

レアアイテム分解時のLPSが10個、、、、、

ほぼ同等のものがさらに8個、、、、


見積もったらかるく300Gを超えた。





所持金は20Gだ、、、、  Murick




アッキーはNetherstomの住人からお金を巻き上げるため、グリフォンにのった、、、、




いや、、、、乗ってない。  メールが着てたのでチェックが先だ。




刑事は目を疑った、、、、 ソロ中になんとなく手に入ったEpicレシピが
売れていたのだ。  350Gくらいが舞い込んできた。




そしてキンちゃん情報網から、マングースをかけることができる日本人の方を教えていただく。

さらにキンちゃんに8個もの高価なMatsをもらった。超ありがとう!







そして、ある時ついにその人がオンラインに!!

圧倒的タイピングスピードを惜しげもなく行使して、TELL。

そしてエンチャントをしてもらった。

マングースってみた!



マングースを武器に従える。  さすがアッキーだ。
そう、、、つまり 、、、、

そう、、、マングースと互角、、、といえば  コブラ  いや!

銀河系にその名を轟かせた一匹狼の宇宙海賊。

アブラ
※イメージ画像
a0074147_17475046.jpg



確かにこの前ゴブリン技術によりのサイ○ガンを作ったばかりである。
アブラは、早速試しぎりにいくことにした。


よし、、、やっぱNetherstormだな!
ゴブリンワープ完了!
a0074147_1755024.jpg

(もちろん、、裸で、、、、失敗しては破産してしまう、、、、)



まずはサイコガンでPullだ。
a0074147_1752728.jpg

最初の相手はトラだ。
a0074147_17562121.jpg


そしたら早速発動した。
a0074147_1759051.jpg


結構でる。1戦闘で0~6回とかでる。 でるときはとことんでる。
こいつはすばらすい!!

a0074147_1811350.jpg


さすがアブラ。カッコイイ。



もはやこのNeterstomに敵などいない!
a0074147_1853263.jpg

a0074147_1864681.jpg





ハァハァ、、、、



やられたらやり返すしかない 今だ!  Disarm
よしきまったぜ!!って、、、、、、
a0074147_188688.jpg


なにこの素手のなぐりあい、、、 死ねばいい。コイツもう死ねばいい。
[PR]
by akion_2006 | 2007-06-01 17:49 | Worod of Warcraft

エンジニアリング

刑事は、今までEQとかEQ2とかやったことがあるが、

めったにトレードスキルといわれる生産に手を出すことはない。

なぜならそんな暇があったらモンスターを倒して平和を守る必要があったからだ。


しかし、その常識を覆す出来事がおきた。


いつものようになんとなくアラカハザムで明日のためのその2あたりを調べていたんだ。


エンジニアアイテムで蘇生ができる電気ショックTrinketが目に付いた。

そういえば、昔ラスターに生き返らせてもらった記憶がある。

当時はハンターなのに蘇生できてびっくらしたもんだ。


(Warが蘇生できるってちょっと感動だなー)


この時点で
アッキーのエンジニア興味度 10%




すらすら見ていく。
ん?   Tanarisやら、WinterSpringとかArea52とかにワープできる
Trinketなんてあるのか、、、、、便利だな。











アッキーのエンジニア興味度 35%




えーと  お? TrinketでCD15分で敵をチキンにできるやつあるぞ!

これすげ!  しかもSTA+45つきかよ! こいつはすげえ










アッキーのエンジニア興味度 75%





すげえな!  エンジニア!




なになに、、これがGnomeエンジニアで対になるものがあるぞ、、、

Gobrinエンジニアか!


同じくSTA+45もあるTrinketで、960~1440ダメージのバズーカだと!


すごい!






アッキーのエンジニア興味度 100%





あれ、今度のパッチで追加されるエンジニアヘルムだと??

すげ Epic装備かよ、、、、しかもPlateあるじゃん、、、、


性能はどうなのよ、、、、、


ちょwwwwwww


でもまあ、、、どうせレアドロップだろう、、、、、
でも一応こんなのあるんだ、、、覚えておこう、、、


アッキーのエンジニア興味度 120%




絶対エンジニアになってやる!






さて、、、アッキ・バウアーの現在のプロフェッションスキルというと、、、




ハーブ 375    草つみ お金稼ぎ用

スキニング 375  皮はぎ お金稼ぎ用






ふう、、、、どうしたもんか、、、、、


エンジニアにはどうやら鉱石がいるらしい、、、、、つまり


Mining 




エンジニアにはどうやらエンジニアスキルがいるらしい、、、つまり


Engineering





そしてアッキーの戦いがはじまった。

まず、、断腸の思いで375まであげたジャマな死体消しにしかつかっていなかったスキニングを削除した。


そしてMiningをゲッツ。
まさか、、、Miningがあんなにつらい作業とは思っていなかった、、、

しかし、、、、あの魅力的なアイテムどもの前にはなんの障害にもならなかったのは言うまでもない。



スキルあげ開始から一週間もたたないうちに375に到達。
実は、途中でBRDであげてみたり、BRDのカギをいまさらながらソロで
とってみたり、、、それはもう語るも涙、、、、、




そして次はエンジニアリングだ。
正直ハーブスキル375を手放すのには勇気がいった。
かれこれ2秒くらいなやんだ末に、削除した。  ポチ。




さて。


とりあえず山ほどとった鉱石を溶かして、つくれるアイテムをつくりまくった。

もうネジとかよくわからん部品ばかりだ。でもスキルがサクサクあがるので気分よくやっていた。



そう、、、、、







スキルが200を超えるまでは、、、、、、、、






スキルが220あたりになったころだ、、、、、だんだんと鉱石を掘った量より使用する量のほうが多くなっていった。




そしてこのときのアッキーの全財産は800Gだった。





まあ、、あれだ、   はじめからお金はかかることはわかっていた。
800Gもあるし、さてミスリルでも買うかな。



チョリン


チョリン


チョリン



んーーー ソリウムが全然足りないな。


チョリン


チョリン


チョリン


チョリン


チョリン


チョリン



よし、、、、スキルはついに300に到達。

さてと、、、所持金をみると600Gになっていた。



なんてこった、、、、、まあ、、、まだ600Gある。




そして、、、ここからが地獄だった、、、、

なぜならスキルを一つ上げるのに 一個20G以上のアイテムを使うんだ。



もうありえなす、、、、


ちくしょう まけるもんか!


チョリン


チョリン


チョリン


よし、、、、エンジニアスキル330きた、、、、


もうひといきだ、、、、


何!?



プライマルファイアくらいつかわないとスキルあがらないだと?

しかもそれ以外でも10G以上かかるくせに、、スキルレベル緑だから

あがるかどうかもわからない、、、、

20Gかけてもスキルレベル黄色だから、、、あがらないこともありうる、、、



20Gかけてあがらなかったら死ぬる!




だが、、、大丈夫だ、、、今330  、、


目標はエンジニアスキル350だ。


あとたったの20よ、、、、、へへ、、、


チョリン


チョリン


チョリン


チョリン


チョリン


チョリン



よっしゃ!いっぱい勝ったぜ!これで勝つる!


そして、、、、長き戦いは終わった、、、

ついにエンジニアスキル350に到達。


所持金を恐る恐る確認してみる、、、、

所持金210G



どういうことだ、、、800Gあったのに 一体どういうことなんだ!!
ちくしょう、、、代償はでかいぜ、、、



まあ!覚悟はしてたし、、、、


早速、エンジニアスキルをTrainerから習った。

ん?



ここでうれしい誤算が、、、例のエンジニアプレートヘルムが

レアドロップだと思っていたら、普通にNPCから習えた!

しかもつよい、、、、


どうやら作るのにもかるく見積もっても350Gはかかるようだ、、、、、、





所持金、、、210G、、、、、


でら足らなす、、、、、





アッキーはNetherstormへ旅立った、、、、、、

ソロクエストをこつこつやるのはいつ以来だろうか、、、、

LV70でクエストがEXPのかわりに報酬金額が倍だ、

一回10Gくらい入る。

しばらくクエに没頭し、400Gを容易した。

かるく書いているが、、、相当がんばった、、、、もう、、、死ぬる、、、





アッキーはAHへ走った。もう Epicヘルムしか頭にない、、、
そして、、素材を購入しまくった!

もう400Gあったのが、、、、、あれまぁ


400G⇒5G




!!












、、、、。







泣いてばかりはいられない!!

アッキーは素材を溶かして、組み合わせて、、、、

ついに完成!!!

しかし、、、まだ物足りない、、、、そう、、、ジェムスロットがあるのだこれ。

アッキーはもっていたあまったミスリルとか鉱石を全部売った。

できたお金110G




しぼり出せばなんとかでるもんである。

さっそく


チョリン


チョリン


90Gくらいの メタジェム  と 20G くらいの 緑ジェムを購入。

完成品がこれだ!

a0074147_014316.jpg



強い、、、、ありえない、、、、スキルも豊富、、

スナイパーモードまでついててステルスもやや見破りやすい!!
いたれりつくせり!!HPもぐーんとアップ!




しかし、、、アッキーの戦いはまだ終わっていない、、、
次はTrinketだ。

その名も ゴブリンロケットランチャーだ。

STA+45の魅力がでかい。ロケットはおまけと思いつつも魅力的だ。
次のパッチでCDが2分半くらいになり、アリーナでもつかえる。

CastTimeも5Secから3.5Secになる。


よし、、、つくるぜ、、、


必要金額をかるく見積もったところ、、、、

400G


所持金は5G



アッキーはNetherStormに向かった。
そしてクエストをひたすらこなす、、、、、もうありえないくらいこなした。

そして用意できた金額350Gだ。

ちょっと足りないが、自前でほったアダマンタイトがあるし、、、なんとかなるだろう、、、



そしてAHで、、、、

チョリン


チョリン


チョリン


チョリン


チョリン


チョリン



チョリン


チョリン


チョリン



ふう、、、 所持金 
350G ⇒ 3G



もうね、、、鎧も直せない、、、、

アッキーは今一回死ぬと3Gかかるのだ、、、、、


アブニーーーーール!




まあ、、、仕方ないさ。


さて!



プライマルファイア7個とか、アダマンタイトが120個とか必要なのが
ふざけてると思いつつも、、、作成開始。


そしてついに完成!
a0074147_08237.jpg





キター!!
さっそく、、、ためし撃ちした。

ズドーン! って撃つと、、自分もすっころぶのが面白い。

相手は3秒スタンする、、、しかも コンスタントに1Kダメージは固い。

なにより弾丸の弾道が面白い、、、、



まっすぐ飛んでいき、、、最後に上空にのけぞりながらアッパーぎみに

炸裂するのだ!

気分いいぜーーー!


これで、PVPで足止め(フロストノバとか)されても、反撃できるぜ。

フロストノバ⇒パイロブラストやってきたら。

こっちも960-1440ダメージバズーカ(3秒スタンつき)で返すYO!




そして、地味にいいのがSTA45

アッキーはこれでかなりパワーアップした。



なんとHPが素のバフなしで 1万3千 もあるではないか!?

Defenceも500以上で、ドッジもパリーも16-19%あるし
ブロックもリングをかえたりすれば28%くらいある。


すごい固くなったかも!?






エンジニアバンザーイ  バンザーイ




さて、、、所持金3Gか。





アッキーはNetherStormへ向かうのだった。
[PR]
by akion_2006 | 2007-05-29 23:35 | Worod of Warcraft

連邦の新型

とある日、EQつながりの仲間が東京から遊びくるというので、集まって遊んだ。
アッキーは圧倒的ダーツ力(ダーツヂカラ)を惜しげも無く行使した。

しかし、残念なことが一つあった。

その日あつまった中の内に、三人もの元レンジャーがいたのだ。

中には「マイダーツ」を持っている猛者までいた。


宇宙刑事の圧倒的ダーツ力(ダーツパワー)をもってしても、かなうわけはなく

ぼろんくそんのけちょんけちょんにやられておいてやった。










だいたい飛び道具とか卑怯なんだよ、、、ブツブツ・・・・

漢なら正々堂々と、、、正面から殴りあおうよ、、、、ブツブツ・・・・・












まあ!


それはいいとして、その日、飯くってる時からさりげないWOW勧誘トークが始った。

【アッキーのさりげないWOW勧誘トーク】 とういアビリティ。


まさにさりげないため、伝わったかは微妙ではあった。





そして時は流れ、かれこれ3日ほどたったころだ。

いつものように、アッキーはPCを立ち上げると、スカイプ(ボイチャ)がいきなり起動し

鳴っているではないか。 リンリンと。



つなげてみると、それは ヨユティ・メイソンであった。


Yoyu「KouZaOゲット。」


Aki「え!?」


Yoyu「今WOWダウンロード中。」


Aki「mjd?」








どうやら 話の流れはこうだ。


これはヨユのアビリティ【とりあえずポチやら】を使った技だったようだ。


KouOaiにとりあえずスカイプいれるやら!!! とスカイプをいれさせ

とりあえず、無料体験版WOWダウンロード押すやら!!! とWOWを落とさせたようだ。



まったくもって GJ




今回も元レンジャーだけあり、飛び道具か!?
将来Duelでボコられそうなのではやめにつぶs
PLGM(パワーレベリンググランドマスター)の刑事出動か!?
[PR]
by akion_2006 | 2007-05-24 14:14 | Worod of Warcraft

出張帰りのニュータイプ

実は宇宙刑事は先週一週間出張していた。

それでもWOWはやりたいので、ノートPCで無理やりやっていたのだが、

当然そんなしょぼいノートPCではレイドに参加は無理であった。


今週もちょっと仕事で遅くなるため、レイドいけそうにない、、、、




ああぁ!ん  もう!






アランのファイアーボールを止めたくてしかたない。

王子の勝利に立ち会ってみたくてしょうがない。



あ!

いってなかったかもしれませんが、宇宙刑事はニュータイプだ。

1年戦争では、アキロ・レイという名で一躍有名人。






















・・・・




と思いつきで書いてみて、とくにこのあと思いつかない、、、


あ  効果音わすれてた。やりなおし。






キュピーーン!!


アキロ・レイ「ん!?書くことがない!!!! ちぃ~」

くそう、、あんまり暇だから書き始めたはいいが、やっぱ書くことないので、、、





どーしよ ああ  そうだ












キュピーーン!!






つづく。
[PR]
by akion_2006 | 2007-05-21 17:55 | Worod of Warcraft

フルボッコ

それはある日のことだった。

宇宙刑事はその日FS愛飲ついでにフットサルをしたのだが、

この日はいつもより調子がよく、何点かとることができた。

アッキーの調子がよかったというよりは、チームの取りで、アッキーの眼力により最強の一人をゲッツできたことによるナイスアシストが多かったからのように気もする。

とりあえず圧倒的攻撃力で無事チームも勝利。

ここでひとついっておくと、何事でも勝負するからには勝たなければならない。

勝ってなんぼなのだ。 負けては何の意味もない。結果がすべてとはいったもんだ。

刑事のチームは無事勝利。  圧倒的才能の先には結果がついてくることが証明された試合でもあった。


話はかわるが、とある日、アゼロスにPOPすると、話の流れからなんとなく宿敵ラスターとDUELすることとなった。

上限関係をここでハッキリさせておこうという作戦だ。たまに自分の方が上だと勘違いしてる人がいるのでこういうことは早めに分からせてあげたほうがいい。それも一つのやさしさです。
とりあえずフルボッコだな。

その日はラスターと闘っていると、我も我もとIFのゲートにあつまり、維新、ラスタ、しるぱん、あんぱん が集まった。

とにかくDUELを手当たり次第に行っていった。
















結果はまあ 言うまでも無い。言う必要もないだろう。

そもそも結果なんてどうでもいいと思う。
フルボッコとか逆フルボッコとかそんなことはどうでもいいことだ。


人間はよく勝っただの負けただのこだわる人がいるが、そんな小さなことを気にしているようではその人の器はしれている。
結果ばかりをみて、ダメだの良いだの言っているが、重要なのは心だ。



例え負けしたとしても、心が負けていなければ負けじゃない。 そうそう、、、、うん  









あ…  いや    





勝ち負けなんてどうでもいい。 勝ちとか負けとか本当にどうでもいい。  
語る必要さえない。



後、上下関係とか、決めるのに勝ち負けできめるのも馬鹿らしい。

そんなくだらない理由できめるのはナンセンス。  
勝ち負けにもこだわらない大きな心をもった方が上といえよう。




上下でいうと上、、、、、 つまり勝ちだ。   そうそう  勝ち。
[PR]
by akion_2006 | 2007-05-18 00:06 | Worod of Warcraft