【Ner'zhul/Alliance】     クラス:宇宙zb刑事DK


by akion_2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ジャスティスについて。

こんにちは。


宇宙刑事です。今回はジャスティスについて。


あ  ここはあえてカッコよくスペースデカってのもありだよね。(ウホ かっこいい
アキバンは最近がんばってAV(BGの一つ)を行い、ついにコーポラル(伍長)になった。





ウフフフフ  って、苔男みたら また称号が上がってました (こんちくそー


いっくらがんばっても苔男はどんどん称号があがります。アッキーはあきらめることがわりと一番キライだ。

いつか追い越すためにあきらめずに、このままがんばっていくのはいうまでもない。スペースデカはあきらめることを知らない。


ネバーギブアップ!


それと、話は変わりますが、宇宙デカのもっともキライな行為の一つに、恩を仇で返す行為があります。

もう人としてありえないと思います。

さて、、、それはある日のことでした、、、、



*** アキバンプレゼンツ  奇跡体験 アンビリーバボー ***


FelWood州 9月10日 その日はとても晴れた日であった。

絶好のクエスト日よりとなったその日、アキバンはいつものようにNPCキルクエストをやっていた。

しばらくすると、アキバンは得意の4匹ADDをさせてしまった。
こうなるとしっかりと均一にThreatを稼がないと、ヒーラーであるアキダーに跳ねてしまう。


2ACC暦の長いアキバンはヒールをぎりぎりまで抑えて、なんとか敵の攻撃をアキバンに集中させていた。でもちょっとやばげではあった。





すると、ここで思いもよらぬ事態となった。



突如として現れた一匹のホード@Lv57。 アキバンはもうこの時点で即効あきらめていた。(はや!

さすがのスペース刑事でも、4体ものNPCモンスターを相手にしつつ、LVが自分より上のホードを相手にすることは無理と判断した。



無駄な努力が一番きらいだからだ。  



脳内では既に逆襲のデカのストーリーを練っていた。


が!しかし ここでホードは驚愕の行動にでていたのだ…・




よくみると、自分のHPは特にNPC以外の攻撃でへっている感じがしないのだ。

それどころかNPCのHPがガリガリへっていくではないか!?

アッキーは思った。


今まで努力を重ねてきた成果がでたのだと。ついに、実った。



無事宇宙デカは、ホードとわかりあうことに成功したのだ。
アッキーは安心した。






そして、NPCモンスターを1匹、 そして2匹と倒した。ところに、、、、、ここでさらに思いもよらぬ事件が発生した!





なんと、ホードに襲われていると勘違いした、通りすがりのアライアンスのナイトエルフ(NE)のプレイヤーの一人が、ホードに攻撃を加え始めたのだ!  



ホードもこれはたまらんとばかりに、そのNEに反撃をした。LVが3個ほど上だったのでホードが有利な感じだった。  (通りすがりのNE VS ホード)



アッキーはまだNPCが2匹残っているし、そのホードとは分かりあえたので

どちらにも加勢することはできなかった。





アライアンスのNEが助けてくれようとしたにも関わらず、何もしないなんて

宇宙デカ失格である・・・・・・







ホードのORCが助けてくようとしたにも関わらず、何もしないなんて

スペース刑事失格である・・・・・・




これぞ、まさに究極の選択・・・・・・・  

いったいここで刑事はどう行動すればよかったのか?

NPCなんてほっといて、どちらかに加勢するべきなのか、、、(ホードは助けられないが、、、






アライアンスのNEがついには瀕死になった、、、助けてくれようとした人がいまにも死にそうだ、、、、

俺は、、、、、、、      俺は、、、、、、









その時、なんとアッキーは思わず、、、反射行動的にそのアライアンスナイトエルフにシールドをかけてしまった、、、、





今思うと、これは正しかったのかどうかは分からない。

本当に正しいことがなんなのか。 正義とはなんなのか。  それは誰もわからないのかもしれない。

ただ、、、、









ただ一ついえることは
































そのホードに後でぶっ殺されたという事実だけである。










ホードは実際は油断させようとしたのか、本当に助けようとしてくれたのか、真意は不明だ。
今となってはなにが正義だったのか分からない。




アッキーはここで誓った。2度と、、、、


















そう、、、、




2度と、、、




















ホードなんて信じなーーーい   

皆殺し!
[PR]
by akion_2006 | 2006-09-12 10:34 | Worod of Warcraft