【Ner'zhul/Alliance】     クラス:宇宙zb刑事DK


by akion_2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

額に七つの傷を持つ男

今回は、Sunkun Temple という、ダンジョンへいってまいりました。

クラリッてぃ のギルド先輩でもあり、EQのころからの知り合いの

シルバス先生とフィーリー先生がどこかつれてってくれるとのこと!

なーのでコケオと相談して さんくてんぷるぅ に決定!



そう、、、その前にひとつ残念な出来事をお話せねばなりません。

また、なんですが。   また! なんですが!

コケオの称号がかわっていたんです。


コケオと合流したときのことなんですが、、、





苔男「Akivan  オレの名を言ってみろ」


(ん? なんだよいきなりぃ 、、、)


しるぱん「額に七つの傷のある男」



(額かよ!!w)




ってちょ、、、、まさか、、、、、、










Sergeant KOKEO








う、、、







これは何かの間違いだ。  もうね 訳してみたらね


軍曹ですよ 軍曹、、、、


あまりのショックにダンジョンへ向かう途中も、木にひっかかったり

Mobの集落に突っ込んだり大変でした。

しかもなんか プライベートやコーポラルと思うとなんかカッコイイですよ、、


(苔男のくせにぃ~)






と、、まあ それは置いておくとしまして、、(ちぃ、、、、、、


いざ!さんくんてんぷりんぐ!

なんかはじめはもぐって進入です。入った瞬間の感じが
なんか EQ1のザ ホール ぽいとおもいますた。
a0074147_1442472.jpg





そしてしばらく進むとやはり、敵の数が多いのでやたら大変です。

今回のヒーラーは宇宙刑事アキダーなので2ACCで大変でした。

EQで培った圧倒的2ACC能力を行使すれば、なんとか

最初のインスタンスまではいる途中で、1階層降りるところを

2階層ほど下に飛び降りて、地下の雑魚にぼこられて死ぬ程度に

抑えることに成功しました。

(この高級テクニックによって宇宙刑事であることがばれなければいいが・・・)





インスタンスに無事進入して、その後は割とたいした危機もなく

進んでいきました。
a0074147_28334.jpg










あるボスが奥にいる、とてもとてもたくさんのザコ敵がいる部屋に

到着。 どうやら しるぱん先生 いわくフィアーされて雑魚につっこむ

とやばいので、かなり手前にPULL
がよいとのことだ。






ひとつここで言っておきたいことがある。

宇宙刑事にフィアーは効かない。

たとえば、マンガの主人公。とても勇敢である。屈強な敵にひとりで

立ち向かう。ヒーローであり、この物語の主人公であるアキヴァン

は勇敢な特撮ヒーローなので、フィアーが効かないということは言うまでもない。



(アキダー@Priでフィアーウォードを正々堂々とこっそりかけた)





準備は万端である。 

























a0074147_1532928.jpg











さて、、、、ヒーローでもたまには恐れることも重要です。
痛みと同じだ。なにも痛みを感じないほど危険なことはない。

怪我していても気づかないとかとても危険である。

恐怖をまったく感じないなんて人間じゃない。


よかった 人間で。

(宇宙刑事といえどもメタルスーツを着た生身の人間です。)












その後、ドラゴンを倒して無事 サンクンテンプルゥ をクリアしました。

 
他力本願で。


どうやらここの別名 Hakker というダンジョン。

今回いったのは Upper Hak で、地下もあるらしく

Hak Bottom もあるようだ。 今度いってみたいと思う。


---------------------------------------------------
次回予告

勇気をだしてはじめてバトルグラウンド。【あんまり殺さないで】
をお送りいたします。
[PR]
by akion_2006 | 2006-09-03 01:58 | Worod of Warcraft